ギター買取ランキング|ギターを高く売るコツを徹底解説!

ギターを高く売る方法と押さえておきたい買取店舗を解説しています。

予算オーバー!でもギターを買いたい時は?

気になっているギターが予算より高い・・・という事もあるものです。
そんな時にローンを組んで購入できるのか、他に良い支払い方法があるのかを紹介したいと思います。

ショッピングローンで分割払い

ショッピングローンで分割払い

高いギターを購入する時、お店で最初に勧められるのがローン(ショッピングクレジット)です。

楽器用のローンを提供している銀行からお金を借りてギターを購入し、毎月決められた金額を引き落としで返済する方法です。


全ての楽器店で行っているわけではないので、購入したいギターの販売店でローンが組めるか確認しましょう。

20歳以上であれば申し込み可能で、18~19歳の方は連帯保証人がいれば利用できます。


また未成年の場合は、親権者に代わりに申し込んでもらう必要があります。

ローンには審査がありますので、口座情報、銀行印、身分証明書を用意して販売店で手続きを行い、結果の連絡を待ちます。


ローンの審査は「継続的に返済できるか」が判断の基準になりますので、アルバイトやパートの場合は基本的に審査は通りません。


また、クレジットカードや携帯、家賃などの支払いを延滞・滞納したことがある方、他の金融機関や消費者金融で借り入れをしている方、今の職場が勤続1年未満の方、年収が少ない方は、審査が落ちる可能性があります。

楽器用ローンは他のローンに比べて金利が非常に安い代わりに、審査が非常に厳しいのが現実です。

クレジットカードでリボ払い

販売店でクレジットカード払いを行っているお店であれば、ギター代金の毎月の支払いを一定額にできるリボ払い(リボルビング払い)を使えば分割で購入できます。


ローンのような審査は必要ないので手軽ですが、利用できるかどうかは自分のクレジットカードの限度額に左右されます。

返済額は、リボ払いにした総額(支払残高)がいくらであっても自分が決めた一定の金額を毎月返済する「定額方式」と、支払残高の金額によって返済額が変わる「残高スライド方式」の2種類があり、カードの設定によって異なりますので、利用前には必ず確認が必要です。


このリボ払いは他の買い物でも利用できることから、分割払いの様に返済完了が明確でない点がデメリットの1つです。

利用回数が多いほど返済期間が長くなり、さらに金利も多くかかるので、借金が膨らみ続ける危険性があります。


また、定額方式を利用している場合、返済額が毎月変わらないので借金をしている感覚が薄く、支払い能力以上の買い物をしてしまうリスクもあります。

そのため、リボ払いは自分で収支管理がきちんと行え、使い過ぎや浪費癖のない方に向いている購入方法です。

ローンやリボ払いをせずに購入は出来ない?

ギターを購入するときに、ローンやリボ払いのような方法をとるのに抵抗がある方もいると思います。
それ以外の方法でギター購入の手助けになる方法を紹介します。

持っているギターを下取りへ

持っているギターを下取りへ

金利がかかったり、返済期間が長くなるローンやリボ払いは使いたくないという場合は、持っているギターを下取りに出すことで資金を調達することもできます。


ギターの下取りとは、そのお店で購入することを前提に、自分の持っているギターに値段をつけてもらい、その売却代金を新しいギターの代金に充てるという方法です。


これは下取りを行っている販売店でないと利用できない方法で、自分のギターがいくらで売れるかはそのお店や査定する店員によって異なります。


下取りは、そのお店でギターを購入することが前提になるので、お店としては査定を実際の価値より厳しく見積もり、少しでも高い値段で新しいギターを買ってもらおうとします。


例えば、その販売店の常連になっていて店員や店長と親しい間柄なのであれば別ですが、基本的に査定額は足元を見られると思っておいた方が良いでしょう。

持っているギターを買取へ

下取りとは違うギターの売却方法が、買取です。

これは、新しいギターを購入する販売店で行うのではなく、全く別の楽器買取店で査定をしてもらいます。

ギターの購入代金に充てることを前提にしないので、売るギターの正しい価値で値段をつけてもらうことが可能です。


もちろん、いくらで売れるかは実際に査定に出してみないと分かりませんが、場合によっては購入したいギターの半額~全額を賄えることもあります。

また、下取りと違い買取は専門店が行っている事が多いので、ギターだけでなくアンプ、エフェクター、その他の楽器・周辺機器も一緒に売ることが可能です。


ギター代金への充当だけでなく、不用品の整理という目的でも使いやすいサービスと言えます。

ギターの買取を利用する場合、注意すべきなのは「どの買取方法を選ぶか」です。


ギターの買取方法にも掲載されている通り、選ぶ方法によって買取金額が変わってしまう可能性があるので注意が必要です。